読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tama Tax Tokyo はてな支店<開業税理士の玉婆が熱く語るページ>

日芸音楽学科を卒業したのに簿記と出会って経理ウーマンとなり、税務相談ができるBARを夢見ていつの間にか税理士になった玉婆のブログ。

ビバ!神保町A4出口・住宅ローン控除初年度添付書類

ビバ!神保町A4出口

昨日、確定申告の来客のため、STYLE'S CAKE & CO.に再びケーキを買いに行きました。 (↓前回買いに行った時の記事)

tamabar.hatenablog.com

 お昼のオープン直後の時間だったため、自宅から直行。

神保町駅A4出口を出て途中、うどんの「丸香」の脇を通過。

食べログ評価3.95。堂々のTOP1000入りということもあってか、ものすごい行列です(@@;

まぁーしかし、うどんですので回転早いので、見た目の割には意外と早くお食事にありつけるかもしれません。

玉婆も税理士受験時代、TAC水道橋校に通っていたので受験仲間と並んだことがありますが、その時と変わらぬ人気のようです。

f:id:tamabar:20170219083355j:image

 前回行った時は、隣の店が何になるのかわかりませんでしたが、どうやら地鶏と和酒のお店がオープンするようです。

f:id:tamabar:20170219083333j:image

 さばきたて、をウリにするお店のようです。

最近は熟成肉をウリにするお店が流行っていて、新鮮が必ずしもイコール美味しいなのか、良く分からない世の中になってきていますね(^^;

人間においても同様の事が言えるんでしょうか「熟女」とかいう言葉も出てきてるぐらいですし・・・(この辺はまた語ると長くなりそうですが)

まぁー人間でいうならば、若いうちは黙っていても魅力的ですが、年を取って魅力的でいるためには相当の努力が必要ということでしょうし、肉でいうならば、熟成肉といってもただ置いといただけでは腐ってしまうワケで、美味しい熟成肉として売り物にするためには相当のワザが必要になるワケですね。

 

と、新しいお店一つでなぜ熟女の話まで発展しまうのか、自分でもよく分からないんですが、とにかく「さばきたて」という言葉に引っかかったことは間違いないです、ハイ(^^;

f:id:tamabar:20170219083342j:image

 しかし、それ以上に気になってしまったお店が↓。

カナディアンというのが、今までお目にかかったことがありませんです。

f:id:tamabar:20170219083430j:image

カナディアンダイニング ウィスラーカフェ Canadian dining WHISTLER Caf'e

(↓以下、お店のHPより)

「ウィスラーカフェ」は、カナダ&スキーをテーマにしたユニークなレストランです。2006年、新潟県苗場スキー場に第1号店が誕生。日本最大のスキー場と世界最大級のスキーリゾート・ウィスラーのコラボレーションによるダイニング・バーとして注目されました。 そしてこの冬、新潟県舞子スノーリゾートに新店舗がオープン、そして東京のスキーショップ街、神田神保町は通年営業を行っております。 現地のスポーツ・パブの雰囲気やおいしいカナダ料理など人気のテイストはそのままに、カナダ旅行やスノースポーツの情報はさらに充実。より面白いダイニング・スペースを、各地でお楽しみいただけるようになりました。

 

今シーズンは蔵王に行ったり、新人会のスキーツアーに行ったりと、雪も昨年よりあって結構満喫した方かと思いますが、確定申告シーズンに入って、この土曜日のスキーのお誘いを残念ながらブッチしたりといった状況でしたので、スキー気分が味わえるお店となれば、これはぜひ行かなくっちゃ!ですね。

 

残念ながらランチはやってなかったため、なんてことない(っていっては失礼ですが。意外と評判よさげ)チェーン立ち食い蕎麦を食べてから事務所に到着。

 住宅ローン控除初年度添付書類

住宅ローン控除初年度の方の電子申告、添付書類が今まで別送していたものが、今年からイメージ添付できるようになったとのことで、さっそく送信票に「イメージ添付」にチェックをして申告じたいは無事に送信しました。

 

イメージ添付するのは、申告書を送信した後にしかできない(同時にはできない)ようです。

これは、達人の機能上の問題なのか、他の申告ソフトでもそうなのかは分かりませんが・・

ま、送信した後にやってみよう~と思い、添付しようとしたところ・・・

 

「添付しようとしているPDFのサイズが上限(1MB)を超えているため添付することができません。

添付するPDFを分割し、複数回に分けて送信してください。」

のメッセージが(-。-;

f:id:tamabar:20170219083436p:image

ってか、上限1MBって今時どうなん・・・

フロッピーディスク1.4MBとかの時代を思い出しました。

内容としては、土地建物の契約書2ページと登記簿謄本が土地・建物5ページ、ローン残高証明書計8ページ位ですが。

別にこの方が特別資料が多いワケではなく、よくある程度の量と思うんですが。

謄本をスキャンした結果、合計で4MB近くになっております。

確かに4MBは多いかもしれませんが。

玉婆のスキャンの仕方が悪かったのか、ナゾです(-.-?

 

しかし、何回も何回も送るの嫌じゃーと思ったので、結局従来通り郵便で税務署あてに別送することとしました。

 

こんなこともあろうかと、税務署から住宅ローン控除添付書類を入れる専用の封筒を取り寄せておいて正解でしたわ、まったく。 f:id:tamabar:20170219095255j:image

 ちなみに、この封筒でないといけないとか受け付けないということは決してないです、はい。

実際、玉婆自身が住宅ローン控除初年度の時は、紙申告でしたので、普通の封筒に確定申告書と一緒に送って全然普通に還付戻ってきましたので。

 

あと、今年からマイナンバー導入により、住民票が添付不要になったんですが、結局のところ居住開始年月日を確認するために住民票をお客様から頂きました。

 

ってか、マイナンバーどーの言ってますけど、謄本だって誰でも取り寄せ可能な書類ですし、相続なんかはこちらが黙ってても、不動産の動きから税務署が勝手に申告書送って来るワケですので、住宅ローン控除についても、購入した内容については納税者から謄本を送らずとも把握できるハズですよね。

 

当方から書類整えないと控除受けられないからしょうがないですけども、電子申告については、結局使えない機能なんだったらあっても意味ないのと同じということですね。(プンプン)

 

まぁーしかし、やってみないと分からない事なので、使えない機能だということが分かっただけでも良かったです。