読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tama Tax Tokyo はてな支店<開業税理士の玉婆が熱く語るページ>

日芸音楽学科を卒業したのに簿記と出会って経理ウーマンとなり、税務相談ができるBARを夢見ていつの間にか税理士になった玉婆のブログ。

スキー場のゲレ食について・お祭り広場(尾瀬岩鞍)

旅.voyage.trip

 先日、蔵王スキーについて書きました。

蔵王のお宿やゲレンデは最高だったのですが、非常に残念だったのがレストハウス

レストハウスの建物じたいはキレイでしたが、食事が。。。

 

税理士という職業柄でしょうか、飲み食いが好きなこともありで、残念なレストランなどへ行くと「このお店はどうしたら利益が上がるのかなぁ?」という所に目線が行ってしまうんですね~。

まず、努力しない限り淘汰されてしまうというのは、食べ物屋さんに限ることではないですね・・・

(自分自身も今経営者の立場になってみて、身に詰まされる次第でございます)

 

しかし、せっかく山形には美味しい食材がたくさんあるし、酒どころ・米どころでもあるワケだから、もっとやり様があるんじゃないかな?と。

ゲレ食の定番・カツカレー置いときゃ何とかなるだろう的なレストハウスが多い次第ですが、蔵王も正直そんな感じでした。

玉こんにゃくが辛うじて置いてあったぐらいで。

こんな寒い所で玉こんにゃく置くなら熱燗ぐらい置いてあってもいいのにな~とか、カツカレー出すにしても「山形産○○豚&ササニシキ米のカレー」とか、もっとこだわり所があるんじゃないかな~とか。

 

こういう話すると、玉事情を知る周りの人は「さすが、農業経営アドバイザーだね」とか言ってくれるんですが、特に農業経営アドバイザーだからというワケではなく、わざわざ遠いスキー場に来て食事する立場も考えてみようよ、というのは誰にでも思い浮かぶことですよね。

 

「腐っても鯛」とかいう言葉もありますが、それを言っちゃ~おしめーよ、と思います。

レストランに限らず、老舗というだけで食べていけるお店もありますけど、老舗でも危機感を感じている所は進化し続けているなーと感じています。

蔵王スキー場については樹氷の景色、雪質の良さだけでも大勢のお客さんが来るのかもしれないし、古い設備を一掃するのは予算も大変なことと思います。

しかし、食事については「地産地消」をもっと推し進めることが可能かと思いました。

今後に期待したいところですので、目安箱にそういった旨を書いて投函してまいった次第です。

(せめて目安箱があるというのが救いかと思いました・・・)

 

とまぁ能書きが長くなりましたが、要するに昨日スキーに行って来た際のレストハウスが最高だったのでご紹介したかった、というだけですね、ハイ(^^;

 

玉婆にとって今の所最強のレストハウスは、尾瀬岩鞍スキー場にある「お祭り広場」

スキーヤースノーボーダーそれぞれに最強のレストハウスがあるかもしれないですが、酒飲みにとっては日本一ではないかと。

ゲレ食というよりは「ゲレ飲み」といった感じですが・・・

f:id:tamabar:20170123074020j:image

お天気のいい日は外でお食事を楽しむ人も多いようです。

外からも注文できる方式。

斜面から降りてきて平らな雪面の横にあるので、勢いつけて滑って通り過ぎてたんですが。

おととし、雪が降りすぎて圧雪間に合わないほどで、吹雪で視界も狭く危ないので滑るのを諦めてここのレストハウスに入ったところ非常に気に入ってしまったんですね〜。

f:id:tamabar:20170123074028j:image

さらに蔵王レストハウスで残念な思いをしたので、余計にここが懐かしくなってしまいました。

このラインナップを見たら、誰もがゲレンデ内にあるレストハウスだなんて思わないんじゃないでしょうか?

 f:id:tamabar:20170123074410j:image

スパークリングだけでこの品揃え。

ドンペリ30,000円頼む人いるんかい!といった感じですが、どれだけ本気で書いてあるのか気になります。

普通のワインもこの通り。産地書いてあるところがニクいです。

f:id:tamabar:20170123074240j:image

 で食べ物は?というと、極めて素朴ですが、蔵王では蕎麦どころ山形なのにお蕎麦置いてなかったですからねぇ。。(-_-)

しかしながら「これは何⁈」といった感じのものが色々と。

f:id:tamabar:20170123074126j:image

キャンドルボーイってのがやたら売れてました。

ソーセージをお餅で巻いてある感じの様です。

チマ球は、中華風の胡麻団子でしょうか。

f:id:tamabar:20170123074158j:image

しかし、飲兵衛にとって最強なのは、配膳台の所に置かれている、手作りのお漬物。

しょっぱ過ぎないので沢山食べれちゃうんですが、コレが何と無料なんですね〜!(≧∀≦)

野沢菜は、かけ蕎麦に乗せてもいい感じです。

f:id:tamabar:20170123074439j:image

 ビールも昔ながらの大ジョッキがあるだけでなく、琥珀エビスなど、生ビールじたいで数種類あるんですね〜。

f:id:tamabar:20170123074516j:image

ワインも捨てがたいですが、地酒を見てしまった日には・・・

「流輝」るか、と読むそうです。フルーティーで飲みやすく危険です。

お会計後、お店の方が席に注ぎに来てくれるという。

完全に居酒屋ですね。

f:id:tamabar:20170123074524j:image

 マンガに手を出したら最後、ゲレンデに戻れなくなります。。。

f:id:tamabar:20170123074550j:image

 ギターまであるし!

f:id:tamabar:20170123074558j:image

 ブロガーとしては、ブログと見ると気になってしまいますね。

f:id:tamabar:20170123074608j:image

 お祭り広場、約10年前のオープン当時の模様が。

しみじみ読み入ってしまいそうです。

f:id:tamabar:20170123074614j:image

お世辞にも小綺麗とは言えないし、写真入りのメニューも食券販売機もない、昔風のレストハウスですが、居心地良くて心から温まるんですよねぇ。

みんなに愛されてる感じがしますし、お店の人たちも誇り持ってお仕事されている感じが伝わって来ました。

 f:id:tamabar:20170123074631j:image

これからもずっと頑張って欲しいな、と思います。 

ってか、蔵王スキー場の人に見学来て欲しいです(^^;