読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tama Tax Tokyo はてな支店<開業税理士の玉婆が熱く語るページ>

日芸音楽学科を卒業したのに簿記と出会って経理ウーマンとなり、税務相談ができるBARを夢見ていつの間にか税理士になった玉婆のブログ。

ミカフェート一ツ橋店(コーヒー)・カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎

神保町めし

仕事始め、いかがでしたでしょうか?

神保町界隈も実質的には今日から本格稼働といった感じでございます。

当事務所のスタッフ(父)が明日1/6から出勤のため母お手製のお弁当がなく、神保町ランチを満喫した1/4および1/5というワケでご報告をば。

 

美味しいものばかり食べたお正月だったので、あぁー○○食べたいな、みたいなのが特になくて、いつも行くお店じゃつまらないしな~とかプラプラした揚句、2日間ともカレーだったんですね、これが(^^;

ミカフェート一ツ橋店

 事務所からすぐの所、小学館のビルが少し前に新しくなったなーと思ったら、通りに面した所におしゃれそうなカフェができたので、気になっておりました。

11/7オープンだそうで、玉婆が開業したのとほぼ同時期ですね。

「みかふぇーと」一ツ橋(ひとつばし)店なのですが、・の区切りがないと

「みかふぇーとーつ」橋店、って意味通じなく見えちゃうのは玉婆だけでしょうか?

 

元麻布に本店があるようで、コーヒー好きの間では知る人ぞ知る「コーヒーハンター川島良彰さん」のお店。

Mi Cafetoとは、スペイン語で”私のコーヒーの樹”を意味するそうです。

Grand Cru Café(特急畑のコーヒーってことですよね?ワインみたい)という、シャンパンボトルに入った様なコーヒーを売っているお店があり、そこのコーヒー屋が神保町にお店オープンしたんだよ~とコーヒー好きのお友達から聞いて、おぉー何という奇遇、みたいな。

1/4でまだ人が少なかったし、早めの時間だったのですんなり入ることができました。

f:id:tamabar:20170105190827j:image

温かい日は、外でコーヒー飲むのもいいですね。

中はコンクリ打ちっぱなしで、これまたオシャレな感じ。

一人で本でも持ち込んでゆっくり過ごせそうです。

f:id:tamabar:20170105190839j:image

期間限定の福袋が売ってました。

f:id:tamabar:20170105190855j:image

ランチメニューがいくつかあったと思うんですが、何となく目についた「スリランカ風カレー」コーヒーとのセットで。

カレーはカルダモンやクローブ(?)の香りが爽やかで、系的には神保町の名店「エチオピア」に近い感じでしょうか。スパイス利いててじんわり汗ばむ感じ、いいですねぇ。

カフェのご飯らしく、量はお上品かと。個人的には、比率的にご飯(米)が少し余ってしまう感じ。ルーがもう少しかかってると嬉しいです(^^;

f:id:tamabar:20170105190912j:image

神保町ならではの〜ってのを味わってみたいのでコーヒーは「小学館ブレンド」をチョイス。それほど深煎りではなくやや酸味あり、といった感じでしょうか。

コーヒーだけで400いくらすると思うので、ランチセットだとコーヒー単体よりもかなりおトクです。

といってもカレー&コーヒーで1,250円ですので、神保町にしてはお高め⁈

しかしながら、カフェで出すカレーにしてはレベル高し!ですね。

f:id:tamabar:20170105190929j:image

 カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎

ここのお店は、三省堂書店駿河台下交差点渡って、お茶ノ水駅に向かって坂上りかけた所(明治大学までは上らない)の2Fにあります。

お茶の水駅から歩いて事務所行く時、いつも気になっておりました。

カレー屋さんって女子(特に一人)だと入りづらいイメージあるんですが、ワインとかビストロって言葉が入ると途端にオシャレっぽく女子受けするイメージになりますね。

f:id:tamabar:20170105190949j:image

今日はアレヨあれよという間に13時になってしまったので、ランチの波はだいぶ静まった頃かな~と思いきや、お店は満員(@@)

しかし運良くすぐ入ることができました。こじんまりしたカウンターの奥にテーブルもあります。

昨年のカレーグランプリで”神田カレーマイスター賞”を受賞 しており、結構な実力派のようです。

f:id:tamabar:20170105190938j:image

ビストロと思いこんで入ったので、ちょっと想像していたのとイメージ違いました。

小ぎれいながらも生粋のカレー屋さんですね。

どれも美味しそうで、迷います。

パクチー苦手の玉婆なので、エビカリーが除外。牛筋カレーは自分でも作ったりするので除外。

ということで赤か黒の2択。今回は黒にしてみました。

辛さは、初めてなのでまずは一番低い4。結果「黒の4」ということでございます。

f:id:tamabar:20170105191008j:image

お店の人もテキパキと感じイイですね。

お待たせしました~とカウンター越しに出てきた、黒のべっぴんカシミールカリー。

玉ねぎの酢漬け(チャツネもどき?)とマッシュポテトの付け合わせ。

この付け合わせにどれだけ救われたことか・・・

とにかく辛いですぅーーーー!!!(水うめぇ)

辛いのは得意なつもりでしたが、恐れ入りましたm(__)m

玉婆はいきなり黒にしてしまいましたが、初心者は赤から入るべきでした(深く反省)

初めての人は、お店の人と相談して慎重に決めた方が良さそうです。

スパイスの使い方はすごい上手で、お肉や人参もほろほろと崩れる柔らかさで、手間かけてるんだろうなーと伝わって来ます。ルーとご飯の比率も良かったです。

系的には湯島・デリーのカシミールカレーですね。デリー好きにはたまらんといった感じではないでしょうか?

次回、赤の1で出直したいと思います(^^;

f:id:tamabar:20170105191016j:image

食後にデミタスコーヒーが付いて880円とは良心的な価格ですね。

コーヒーを飲んでいるうちに、カレーの刺激がイイ感じに落ち着いてきました。

f:id:tamabar:20170105191024j:image

ふらりと寄ったお店2軒でしたが「お主、なかなかやるよのぅ」といった感じで、これだけのカレーを出してくるとは、さすがカレーストリート神保町。

改めて、その名に恥じぬ実力を見せつけられた次第でございます。

 

この2日間カレーで刺激的な思いをしたせいでしょうか、今日の午後に受けた税務調査の事前通知がまったく刺激感じられなかったとさ・・・。