読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tama Tax Tokyo はてな支店<開業税理士の玉婆が熱く語るページ>

日芸音楽学科を卒業したのに簿記と出会って経理ウーマンとなり、税務相談ができるBARを夢見ていつの間にか税理士になった玉婆のブログ。

海外渡航費の取扱い2・ハワイ出張日程

海外渡航費の取扱い2

当ブログ Tama Tax Tokyoはてな支店のページビューが1000突破したみたいです。

お忙しいところご来店ありがとうございます。

今日は、大きな観葉植物をいただきました\(^o^)/

またオフィスの雰囲気が一新されることと思います☆

 f:id:tamabar:20161109130903j:image

先に、海外渡航費の取扱いについて記事を書きました。

実態に従って、仕事と認められる金額については経費にしてよいということ。

 

しかし、税務調査ではやはり海外出張というと、目につくのは必至ですよね。

いくら実際に仕事だからといったって、ただ「仕事です」と言っただけで簡単に認めてもらえる程世の中甘くはないですね(^^;

 

要は、どうしたら自分の主張したい金額を認めてもらえるのか?

ということですね。

実際にかかった領収証を取っておくのはもちろんですが

・食事代を交際費で落とすためには、誰と食事したか書き込んでおく。

・出張報告書を作成する。

 ある程度の規模の会社なら、事前申請が必要だと思うのでこういった書式は用意してあると思いますが、要は「スケジュール」「そこへ行く目的」「そこへ行った結果どういう仕事の成果をもたらす」というのが明確になっているかどうか?

・ホテル代については、極端に高いのは難しいと思いますが、治安の悪い地域などは安全を買うという意味もありますので、高いからダメという訳でもない。

・日当を出す事も可能ですが、旅費規程を税務調査で確認されてもいいように用意しておく。日当については役員と従業員で金額を変えている会社が多いですね。

海外の日当については、距離と地域によって変えているところもあります。

(旅費規程 で検索すると、ひな形はいくらでも手に入ります)

ということで、経費に落とすにはそれなりの準備と心がけが必要なんですね~(^^ゞ

ハワイ出張日程

今回のハワイ出張の日程は・・・

11/9(水)~11/14(月) 11/13,14は実質的に移動のみ。4泊6日

11/9  JAL704便 21:20成田発 11/9 9:25ホノルル着

11/13  JAL703便 11:55ホノルル発 11/14 16:00成田着

<面談予定など>

11/9   空港到着後、市内観光→ホテルチェックイン

11/10   午前 現地の会計士さん

       午後   FHBファーストハワイアンバンク 

              CPBセントラルパシフィックバンク 

11/11  午前 現地の会計士さん(11/10とは別の方) 夜ディナークルーズの予定

11/12  終日自由行動 ハナウマ湾シュノーケリングの予定

11/13,14 朝ホテルチェックアウト、帰路へ

宿泊ホテルは、顧問先所有のコンドミニアムをお借りすることになっておりますので非公開。

せっかく初めての海外出張に行くのに飛行機で疲れたら意味ないし、マイルがかなり貯まっていたので、今回はビジネスクラスでチケット取ってみました。

宿泊料がかからないのでその分交通費に充てさせていただいた次第です。

ハワイは11/11が祝日とかで、日程がギリギリまで右往左往しましたが、何とかうまく収まりました。

では行ってきます(^^ゞ