読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tama Tax Tokyo はてな支店<開業税理士の玉婆が熱く語るページ>

日芸音楽学科を卒業したのに簿記と出会って経理ウーマンとなり、税務相談ができるBARを夢見ていつの間にか税理士になった玉婆のブログ。

スタッフについて

・・・この記事は、開業準備中に書いているものでして、公開するのは開業後になってからとなります・・・

スタッフを雇うか雇わないか?

独立に際し、場所と一緒に聞かれるのが「スタッフ雇うの?」

自分の周りの開業税理士は1人でやっている人から7名程の部下を従えている人、20数名の税理士法人まで成長させた人など、色々です。

しかし、今まで自分が勤務だったので、深い所にあまり突っ込んだ話をしなかったというのもあり、この機会になって聞いてみると、意外とスタッフいるのかと思ったけど1人です~とか、奥さんと2人です、とかいう感じで、外部スタッフを雇っていない人も多いということを知りました。

あとは、独立当初からスタッフを雇った人もいます。顧問先の関係で、すごく気が合った方がいらしたようで、自然な流れだったそう。とても羨ましいです(^^)

 

今の事務所では、申告書の製本・e-Taxの送信も全部総務パートの方がやって下さるし、すごく気の利いた総務の方がいらして、おんぶにだっこで何でも進んでサポートして下さったので、非常に心細いのは否めないのですが・・・

ただ、将来もし独立した時に、それじゃあかんだろうという思いもどこかにあったし、もともと人に頼る事があまり得意ではないのもあって、自分で完結させなくてはという心がけは常にしてまいりました。

前の事務所では製本・提出も自分でやっていたので、その辺は大丈夫なんですが、e-Taxの送信は、自分自身の確定申告で1回やったきり(電子申告控除5,000円受けるため・・・)なので、税理士会の研修に参加して、効率的な方法を考えたいと思っています。

結局のところ玉婆はスタッフを雇うのか?

で結局のところ自分はどうなんだ?という感じなんですが、一人でもできなくはないと思っています。

しかしながら、やはりもう一人いたらいたで、色々とできる事も広がると思いますし、何より父が定年退職後、ほとんど家におり、このままいったら寝たきりになってしまう~というのもあって。父に手伝ってもらおうと思っています。

給料が出るところまで行くかどうか分からないので(無給でもいいと言っています)、雇うというよりは手伝ってもらう、という感じです(^^;

 父のプロフィールは、改めてご紹介させて頂ければ幸いです。

 

でも、永遠に父に頼るワケには当然行かないですし、開業後また新たな状況において考え方も変わってくるかもしれないですね。

あともう一つ考えているのが、会計事務所経験ないけど税理士目指して頑張っている受験生。資格があっても経験がないと厳しいと思うので、ゆくゆくは大手に行くとしても、その前のステップとして応援してあげられればな~と思います。

若い子は覚えるの早いですし、体力もありますので羨ましい限りです。

大事なのは経験よりも、素直さ、向上心、やる気!

イエスマンよりも、思ったこと率直に言ってくれる方が好きです。

さらにお酒が飲める人、整理整頓が得意な人はなお歓迎いたします(^^ゞ