読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tama Tax Tokyo はてな支店<開業税理士の玉婆が熱く語るページ>

日芸音楽学科を卒業したのに簿記と出会って経理ウーマンとなり、税務相談ができるBARを夢見ていつの間にか税理士になった玉婆のブログ。

ミーティングチェア選び

・・・この記事は、開業準備中に書いているものでして、公開するのは開業後になってからとなります・・・

会議室は必要か?

 

先日、無事に事務所の物件が決まり、保証会社の審査も通り契約を交わしました。

今週の木曜日、いよいよ引き渡しです。

 

この近辺は貸会議室も沢山ありますし、特に「ちよだプラットフォームスクエア」は格安で借りれるらしく。

また、開業税理士で成功している人が「4畳半一間から始まった」と言われていたこともあり、始めは会議室がなくてもしょうがないとは思っていました。

顧問先にはこちらから基本出向くということもあり、最近開業される税理士さんで、会議室を持たない方も多いと思いますし。

しかし、お金、経営、相続etc.相談の内容が内容ですので、やはり自分の事務所で打ち合わせできるスペースがあった方が良いと思い、物件賃料のご予算もだんだん跳ね上がってきて、うーんどうしようといった感じでした。

 

結局のところ、予算内で当初予定より少し広めのお部屋を借りる事ができたので、完全に個室にはできないとはいえ、ミーティングスペースもきちんと取れるので良かったです(^^)

 

ミーティングチェア選び

 

せっかく自分の自由に選ぶことができるので、ミーティングスペースをどういう系のインテリアにしようかといった所で悩んでおります。

今の事務所の会議室は、極めて普通のオフィス家具ですね。長細い折り畳みテーブル&スタッキングできるキャスター付き・肘掛け付きチェア。

色がオレンジのファブリックで、よく見ると汚れが少し出てきています。

 

先日、青税つながりの税理士さんの事務所に行った時は、弁護士事務所も兼ねているので、すごいラグジュアリーな感じでした。ダークブラウンのテーブルにPCチェアにもなりそうな背もたれフカフカ革張チェア。

 

また、今回お世話になった、山田不動産コンサルティングさん(有名な会計事務所、山パーさんの傘下)の会議室は、東京駅が見える大きな窓、やはりダークブラウンのテーブル&高級チェア。

さすが・・・といった感じ。競うつもりもないのですが、ぐうの音も出ません(^^;

 

今は、高級そうに見える家具も、海外生産等の影響もあってか、比較的手の届く値段で手に入る時代になったと思います。

実際、予算内でそういった高級そうに見える家具を入手することもできなくはないのですが、いかんせんマンションの一室ですので、そういったところに置く感じではないというところですね(-.-;

 

この際、北欧調にしてしまおうか?とか(↓は蔵前の家具のお店)夫に大ブーイングされ却下でしたが・・・

f:id:tamabar:20160910123635j:plain

安っぽくなく、かつお客様がくつろいでお話し頂ける様なスペースになればなと思います。

椅子については、本当に色々あるので難しいんですけど

☆キャスター付きか、キャスターなしか?

 キャスターついてなくてもいいとは思うのですが、会議終わった後、お客様に椅子を戻してもらったりするときに気を使わせてしまうかな・・・と。キャスター付きなら、ヨッコイショっていう感じもないので、キャスターはできれば付きにしたいです。

 

☆肘掛け付きか、肘掛けなしか?

 長時間の会議では肘掛けあった方がいいと思いますけど、あればあったで肘掛けに頼っちゃうというか。

 今の事務所のは肘掛けがペコペコ動くので、無意識にいじって遊んじゃったりするんですよね・・・(^^;なので、なくても特段困りはしないかなと個人的には思いました。

 

☆背もたれの形、素材

 これは座ってみないと何とも。しかし、背面が木とかプラスチックだと、やっぱり座ってみたら痛かったので、布か革がいいでしょうか。

 

といった点を重視して選ぶ予定です。

決まりましたら、またご報告したいと思っております。