読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tama Tax Tokyo はてな支店<開業税理士の玉婆が熱く語るページ>

日芸音楽学科を卒業したのに簿記と出会って経理ウーマンとなり、税務相談ができるBARを夢見ていつの間にか税理士になった玉婆のブログ。

個肌対応化粧品から税理士のあるべき姿を考える

ただいま開業準備中

・・・この記事は、開業準備中に書いているものでして、公開するのは開業後になってからとなります・・・

化粧品との付き合いは一生続きます 

 

美とか化粧とかいう言葉からは、まったく程遠い玉婆です(^^;

デパートの1階化粧品売り場とか、行ったのはOLになった初年度ぐらいですかね・・・

ですが、女性として生まれてきたからには、ましてやノーメイクやノースキンケアで世の中歩けるような恵まれた身分でもないため、化粧品とのお付き合いは一生続く訳でございます(-.-;

 

化粧品については自分からこれといったものを求める訳でなくても、いろんな所からアレコレ勧められる機会が多いですね~。

なので言われるがままに・・・まずは一度試しに使ってみるといった感じになっております。

しかしながら、勧められる化粧品というのは、大抵にして

☆決して安いとはいえない

 →これはある程度の大人になって稼げる様になった今でもなお思う事ですので、若い時はどれだけ大変に思ったことかと。化粧品だけで月○万円とか・・・

☆割引で買う事が難しい

 →定価が高くても、マツキヨで30%引きとかならまだしも「割引はしません」というポリシーのメーカーも多々あり。強気というか自信があるというか?!

☆どこでも売っているものではないし、相談しないと買えない

 →アチコチで売っているものではないため、担当の人を通してでないと手に入らない様なものが多く、また、場合によっては「もう使い切ってもおかしくない時期ですよね?」などと急かされる場合もあります。

 

そんなこんなで、あまり強く勧められるとゲンナリしちゃう(特にマルチ商法とか)もありますし、実際使ってみてイイなと思っても金銭的にどこまで許すかといった問題もありますし・・・。

長く続く化粧品とはめったに巡り合えないという実状です。

個肌対応化粧品 

そして、私も一応女性として生まれてきたゆえ「どこかにきっと、自分にもっと合う化粧品があるに違いない」という思いが常にあり、最高の化粧品を尋ねて何千里という遠い旅に出かけたまま帰れない状況に陥るのであります。

 

そして、試供品をアレコレ渡り歩いたり、山陰旅行に行った折に「玉造温泉の温泉水配合!」とかいうものを買ってきたりして、それが使い切ったのでちょうど今は切り替えしやすい時期にいたといえます。

 

そんな中、ふとバンドのリハーサルスタジオの向かいにあるカフェに入ったところ「無料ハンドマッサージします」という方が来てて、実際タダでマッサージしてくれたのですが、タダで済む訳ないと分かっていて引っかかってしまった(?)のが、P社化粧品。

 

老舗ですね。母親が一時期使ってたこともありますが、高級品のイメージで自分には到底手が出ないし、使おうとも思った事がなかったです。

しかし、お試しエステなるものが3,500円でしたので、まぁ1回行ってみようと思ったんですね。

でもって、実際、貸し切りのお部屋で2時間みっちり。すごく丁寧に施術してくださっておトクとは思いました。(2回目以降は高くなる・・・しかし、6回セットにすると1回あたり5,500円ぐらい。それほど高くないとは思います)

それでメインは化粧品なのですが、カウンセリングシートに色々自分の状態やお悩みをチェックした上で、セロハンテープのようなものを顔に貼り付けたりして、細胞をサンプルで取ったものを工場に送る「スキンチェック」を行うとのこと。

スキンチェックじたいは無料で、1万人ぐらいのデータをもとに分析して、自分だけに合う化粧品を工場で作成した「個肌対応」の化粧品サンプルをくれるという仕組み。

スキンチェック後、2週間経ち出来上がりの連絡を頂きました。

その結果が↓。

f:id:tamabar:20160814204049j:plain

円グラフみたいなのが、同世代女性の平均的な肌との比較。

同世代女性がグレー部分に対し、自分の肌が赤い線の部分。

総合評価としては

☆表面的には悪くない。角質の大きさやはがれ方など、かなりイイ線行っているらしい。しかし、キメは粗いし毛穴が目立ち気味。

☆内部が最悪。コラーゲンがかなり不足している。糖化の影響もかなりあり。

☆敏感肌ではないので、割とどんな化粧品も受け入れられる。また、吸収力はありそうなので、キチンと手入れすれば改善しやすい。

とのことで、敏感肌ではないというところで、化粧品が限定されないというのはすごく納得しました。

あぁ、だから私は「これはピリピリするから無理」とかいうのがない反面「コレじゃなきゃダメなの」ってのも今一つ感じられないのかな、と。

 

そして、今のあなたにはコラーゲン対策が一番必要です、との結果。

巷では「美白」「ハリ・ツヤ」「アンチエイジング」「ニキビ」「乾燥」と色々うたっているけど、結局自分に何が一番必要なのかっていうのが自分で分かっていない状態で選んでたということが分かりました。

方向性が分かったのが一つの大きな成果につながればいいな、と。 

個肌対応化粧品のサンプルを使ってみて、その感触しだいでは、一度は使ってみようかなと思いました。

気になるお値段は、もちろん決して安くないんですが、同じP社で個肌対応ではないアンチエイジングのリッチなシリーズほど高くなく、有名なS○2とかでもそれ位の値段すると思いますので、オーダーの割には意外ですね。

(P社とかいいつつ思いっきり名前出ちゃってますが)

f:id:tamabar:20160814204142j:plain

 個肌対応化粧品から税理士のあるべき姿を考える

 

でもって、結論として自分が目指す税理士像としては、まさにこの個肌対応化粧品なんですよね~。

「個別対応方式」といった感じなんでしょうか?

同業者の方からすると、個別対応方式というと消費税を思い浮かべると思います・・・

(消費税の個別対応方式については、後日、別途の記事にて記載予定)

スピードが求められてフットワーク軽くっていう所は異なりますが

☆いかに、個々のお客様に丁寧に時間をかけられるか?

☆いかに、的確にお客様の状況を分析し、正しい方向性へ導く事ができるか?

☆いかに、そのお客様だけの為のアドバイスやサービスを提案・提供できるか?

☆いかに、お客様に納得いただき、気持ちよく報酬金額をお支払いいただけるか?

☆いかに、私にしかできない事を見出せるか?

☆いかに、独自のブランディングができるか?(イメージも大事)

などなど、学ぶべきところが沢山感じられました。

あとは実際、この化粧品を使った結果お肌がどうなっていくかですね・・・(^^;