Tama Tax Tokyo はてな支店<開業税理士の玉婆が熱く語るページ>

日芸音楽学科を卒業したのに簿記と出会って経理ウーマンとなり、税務相談ができるBARを夢見ていつの間にか税理士になった玉婆のブログ。

名刺サンプル届く

f:id:tamabar:20160528111150j:plain
・・・この記事は、開業準備中に書いているものでして、公開するのは開業後になってからとなります・・・
本日、名刺サンプルがメール便で届きました。
「名刺印刷」でネット検索すると、たくさん出すぎて選びきれません(^^;

自分が初めて名刺を作ったのは、大学時代。
トロンボーン演奏のお仕事で必要になり、どこに頼んだか忘れちゃったんですけど、紙が分厚かったのもあり、1枚60円ぐらいしたような。
今はだいぶ安くなってますね。

自分で作ったデータ入稿、校正は全くしません、という理由で超激安(モノクロだと@6円とか!)の所から取り寄せてみたのですが、30種類ぐらい入ってて、親切でビックリ。
しかし、触ってみると「いいな」と思う紙は+200円とか書いてあり、安い紙はやっぱり薄いですね。
まぁ、+200円でも100枚入りだと1枚あたり+2円ですので、かなり安いです。

税理士という仕事柄、顧問先の方や金融機関、諸団体の税理士、弁護士等の他士業etc.名刺交換する機会が非常に多いのですが、もらった瞬間「うわ~薄っっ!」とか別に気にした記憶ってほぼないんですよね~。
どちらかというと、まぁやっぱり名前とか職業、所属団体など、中身に意識が行く事が多かったと思います。
桧の名刺は香りも良くて珍しかったので、中身よりもそっちの方に意識が行きましたがその1件ぐらいでしょうか。

しかし今回、自分で名刺を作るとなると「こんなに薄いとすぐペナペナになっちゃうのかしら」「商売道具なのにあんまり安っぽいと思われてもいかん」とか、結構気にし始めると気になるもんですねぇ。

中身についても、facebookのIDを記載するかどうか、QRコード記載するか、顔写真載せるか、キャッチフレーズは・・・など、悩みどころ満載です(><)

その前にまだ事務所の物件が決まっていないので、正式な名刺ができるのはだいぶ先の話になりそうです(←まずそっちでしょ、みたいな)